搭乗者傷害について

自分の車に乗っている人を保障する保険

自動車保険の主な目的は自分が運転しているときに通行人をケガさせたり塀を壊したときに賠償することです。これらの保険を対人賠償保険または対物賠償保険と言いますが、これらの保険には注意が必要なことがあります。それは賠償するのはあくまで「他人」や「他人の所有物」であることです。例えば妻や子供は他人ではありませんので賠償の対象にはならないのです。たまに思い違いをしている人がいますが、対人という場合に通行人または相手の運転手や相手の車に乗っている人だけを想定している人がいます。しかし、対人とは人であるなら誰でも対象にしていますので、同じ車に乗っている人も対象になります。例えば、単独で事故を起こして同乗していた友人が大けがを負った場合も対人賠償保険で補償されます。しかし、ここでも賠償の対象になるのは他人であることには注意が必要です。

家族の保障には搭乗者傷害保険が役立ちます。

自分の車に同乗する割合が高いのは家族ですが、先に説明しましたように家族は対人賠償保険では保障されません。そのようなときのために搭乗者傷害保険はあります。搭乗者とは運転している車に乗っている人です。対人賠償保険は賠償の意味がありますが、搭乗者傷害保険は賠償の意味がないのが特徴です。つまり、搭乗者であったなら誰でも保障を受けられるのです。このように説明しましても、今一つわかりにくいかもしれませんが、とても役に立つ場面があります。
例えば、自動車事故ではいろいろなケースがありますが、100%相手側に責任があったにもかかわず相手側が賠償できない場合もあります。そういうときに搭乗者保険が役に立ちます。搭乗者であるなら誰でも保障の対象ですから、保険金を受け取ることができます。もちろん家族であっても受け取れるのも大きな意味があります。