保険金額の選び方

車両保険の選び方について

車両保険は付帯するだけで保険料が上がりますよね。補償内容の選び方でお得な保険料が実現しますよ。新車であればフルな補償内容でいいのですが、年数がたつと車両価格の価値が減ってきます。ある程度老朽化した車両であったり購入する予定があれば車両保険を廃止することで保険料がリーズナブルになります。万が一事故をしても補償金額が少ないためです。また、自動車保険を使うことになれば等級がさがり、保険料が値上がりしますよね。ある程度の修理費用は自分で支払うことで車両保険が安くなります。免責という項目で自分で支払う金額を宣言するものでこの設定値が高ければ高いほどやすくなります。例えば、多少のボディのへこみで修理費用が10万円の場合、自分で負担する意志があれば免責を10万円にすればいいのです。

比較検討でお得になる

保険会社を比較検討することで車両保険がやすくなりますよ。しかし、一つ一つの保険会社に電話等をして見積もりを入手するのは手間ですよね。これを簡単にしてくれるのがインターネットを利用した見積もりの一括請求です。個人情報や車検証に基づく車両情報や補償内容を選択するだけで、該当する数社からメールやはがきで保険料が知らされます。さらに価格に納得がいかなければ、補償内容を変更するだけで何度も比べることができるのです。補償内容と価格に納得すればインターネットを使ってすぐに契約をすることが可能ですので便利です。インターネットを使うと保険料が割引されますし、保険会社の比較サイトからお得なプレゼントキャンペーンもあるためお得ですよ。