カバー範囲の選び方

一般タイプとエコノミータイプで対象が異なる

自動車保険には自動車ごとに加入する必要があります。人に対する損害に備えるケースが多いですが、自動車が損害を受ける時もあります。価値が下がったり修理が必要となると損害になるので、その損害に備える必要があるかもしれません。車両保険に加入する時にはまずは一般タイプの加入を考えます。比較的広い範囲のトラブルに対応してくれ、他車との衝突の他火災や台風、さらには単独事故によるトラブルでも補償をしてもらえます。保険料を安くしたいのであればエコノミータイプが利用できます。他車との衝突や火災や台風は対象ですが、単独事故で車が損害しても給付は受けられません。運転初心者だと単独事故が多いかもしれないので、一般タイプを選んだ方がいいかもしれません。

地震や津波に対する補償はあるのか

日本は地震が起こりやすい地域で、いつどこでどのくらいの規模の地震が起こるかわかりません。地震が起きたところによっては津波が発生する可能性があり、ひどい津波になると沿岸地域だけでなく内陸地域も水没する可能性があります。地震が来ると自動車も損害を受ける可能性がありますが、車両保険に入っていればカバーしてもらえるかです。もし地震が起きるとかなりの数の自動車が被害に遭うので、保険会社が対応するのは難しくなります。そこで一般的に地震や津波、噴火による災害での損害賠償は受けられない契約が多いです。一部の自動車保険の中には、地震などが起きた時に給付が受けられるものもあります。損害に対する給付ではなく、お見舞金に近い給付になります。